2010年10月21日 (木)

時間概念

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「御無沙汰です」

言い訳ですが、9月のはじめから当事務所のホームページを開設する事になりました。

開設にあわせてブログ更新と思っていたら、ズルズルと来てしまいました。

ホームページの方は、当事務所の担当2名を中心に頑張っております。

今しばらくで公開です。宜しくお願い致します。

「今年は、税引後利益が500万円でした。」

もし、そういう企業が2つあったとしましょう。

この2社を比較するには、どうしたら良いか。

同業者なら、粗利や在庫、売掛金、買掛金との比較が出来ます。

しかし、業種が異なると、善し悪しを判断するのは、正直難しいです。

企業を同じ尺度で比較できないか?

当事務所でもいろいろ考えました。

今現在の答えです。

利益の他に、もう一つ、尺度をもって企業業績を分析しております。

それは、時間です。

仮に、1人の年間労働時間が2,000時間だとしましょう。

会社に、5人いれば10,000時間で、500万円稼ぎましたね。

時間当たり利益500円です。

もう一つの会社は、20,000時間だとすると

時間当たり250円ですね。

どちらの方が、効率が良いか一目瞭然です。

実際、これでも分かりにくいので、

当事務所では、現在、一人一月当たり限界利益を指標にしております。

一か月分の限界利益を、その月の労働人数で割り出します。

あくまで、個人的意見ですが、北陸地方の場合、一人一月当たり限界利益のポイントは、50万円と思います。

利益に、時間を考慮して決算書、試算表を見る。

かなり、新しい見方が出来ると思います。

お試し下さい。

| | コメント (4)

2010年7月17日 (土)

損益分岐点と償却期間

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「損益分岐点」  「償却期間」

「損益分岐点」読んで字のごとく、損と益の分かれ道のポイントです。

売上が、いくら、あったら、利益がゼロになるか?

利益がゼロになる売上の金額はいくらかですね。

「償却期間」建物や機械の耐用年数です。

一度買ったら、壊れるまでに何年かかるか?です。

将来のことは、誰もわかりませんが、調べれば経験則で大体の年数は分かります。

当たり前ですが、借金して建物を建てる場合は、返済期間と耐用年数のバランスが重要ですね。

こういう話は、いろんなセミナーでたくさんお聞きだと思います。

ところが、

「自分の会社」の損益分岐点は?

「自分の会社」の償却期間は?

「自分の会社」の借金の返済期間は?

答えられない人、多いです。

さぁ、計算して下さい。

損益分岐点 … 「             」

償却期間  … 「             」

返済期間  … 「             」 

| | コメント (0)

2010年7月 1日 (木)

気づき

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「頭打ち」

売上高、粗利、昨年比で減っていませんか?

成熟した社会。今の日本が当てはまりますね。

GDPが、減っているのです。

先日、商工会議所の青年部の例会で研修が行われました。

素晴らしかったです。

テーマは「気づき」です。

成熟した社会では、人々の生活が豊かになり、価値観が多様化して、ニーズも多様化してくる。

顧客ひとり一人に感動を提供する工夫が出来れば、お客様はその会社のファンになってくれる。

「そういう商売は、中小企業だからこそできるんです。」

感動を提供することとは、どういうことでしょう?

お客様に商品やサービスをお届けすると同時に毎回、「気づき」も提供する事です。そうすれば、感動がうまれるんです。

それでは、企業が、「気づき」を提供できる為には、どうしたらいいでしょう?

当たり前ですが、「気づき」が多ければ多いほどいいのです。

具体的には、「気づき」を自分の言葉でメモして、それを貯めていって下さい。

1日10個が基本だそうです。

1年間で、3,650個のアイデアを貯めるんです。

溢れんばかりのアイデアは、お客様を感動の渦に巻き込んでしまうんです。

でも、1日10個は、大変ですね。

「無理!」って思った方。

商売を止めた方が、いいかもしれませんね。

努力ないところに成功なしです。

ところで、「気づき」の作業ですが、部屋の中で瞑想するのもいいですが、多くの人と出会い、話すことで、自分では思いもつかない「気づき」もあるそうです。

顧客ニーズは、自分よりも他人の方にありますね。

1日、10人の人とお話すれば、いいのかもしれませんね。

商工会議所は、異業種の交流があるのでとても良い場所ですね。

一生懸命仕事して、いろんな人と出会い、多くの「気づき」をストックしていく。色々なアイデアが企業の活路を切り開いてくれるのです。

さあ皆さん「気づき」ましょう。

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

評価基準

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「成長戦略」

いよいよ菅政権が発足しましたね。

信頼ある行政運営を期待したいです。

成長戦略、財政再建、社会保障の充実、安全保障が重要課題ですね。

「成長戦略」と簡単に言葉では、言えますが、

これから行う菅政府の行動が成功かをどう判断したらいいでしょう?

行動に伴う評価基準が必要ですね。

評価基準の無い行動は、効果が薄いです。

企業経営も同じですね。

経営者の皆様、先ず、自分の行動に評価基準を設けて下さい。

そして、自己採点しましょう。

菅さんの悪口は、その後にしましょう。

菅さんには、何を評価基準にして頑張るのかお聞きしたいですね。

民主党自慢のマニフェスト大いに活用して下さい。

日本のマスコミの皆さんも宜しくお願い致します。

| | コメント (2)

2010年6月 7日 (月)

粗利 (一人当たり、一月当たり)

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「3分間」

お付き合い下さい。

粗利重視の経営を実践して下さい。

その第一歩です。

その為に、お願いです。

1.一人当たりの粗利は、いくらですか?」

限界利益÷人数

ですね。

限界利益(※) 下記参照

御社のこの数字、電卓たたいて下さい。

2.一月当たりの粗利は、いくらですか?」

限界利益÷12

ですね。

3.一人当たり、一月当たりの粗利、いくらですか?」

限界利益÷人数÷12

ですね。

計算したら、ご自分なりの視点で、この数字を解釈して下さい。

これが、粗利重視の経営、第一歩です。

従業員の方は、少しでも給料をあげてほしいと思っています。

平均給与として50万円

欲しい思うならば、

一月当たり、一人当たりの限界利益は、

90~100万円、稼いでもらいたいですね。

(※)参考

限界利益=売上-仕入-外注費

または、

限界利益=人件費+経費+営業利益

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

粗利って何でしょう?

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「ゆっくり、粗利を考えてみましょう。」

「粗利」と言っていますが、その意味は、微妙です。

坂上会計事務所の内部では、経営分析をするためには、「粗利」と言わずに「限界利益」という言葉を使っています。

ただ、お客様には、分かりにくいので粗利って言っております。

限界利益、簡単に言いますと、給料と経費を引く前の利益です。

計算式で示すと、

給料+経費+営業利益

です。

もしくは、

売上-仕入-外注費

です。

(※ 学問的には、若干問題がありますが、実務的には問題ないと思います。)

販売業の方は、損益計算書の粗利(売上総利益)に一致します。

製造業、建設業、運輸業の方は、限界利益を知るために、損益計算書を読みかえる必要があります。

先程の計算式のどちらかを使って、限界利益を算定しなければなりません。

粗利重視の経営と言いながら、実際には、粗利を把握していなかったり、人事評価に粗利を使っていない経営者は、たくさんいます。

しっかりとした社長さんは、広告費や研究開発費は、粗利の10%まで等、自分でルール作りをして行動しています。

粗利を経営に利用して下さい。

| | コメント (2)

2009年5月15日 (金)

写経のすすめ

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「企業の新聞記事」

如何ですか?

私、皆様には写経をお勧めいたします。

ゆっくり考えながら読んでもいいですが…

次につなげるためには書いた方が使い方が広がるように思えます。

地方新聞や日経新聞は宝の山です

1週間ほど前、トヨタ自動車もやっていました。

決算短信は以下の通り(「yousi.pdf」をダウンロード

来期も赤字予測でしたね。

金額も驚きでした。

▲8,500億円。

一生かかっても使えきれない金額ですね。

自動車関係の方は、写経してください。

世界のトップ企業ですから…

ここ1~2週間の間に日本の各業界のトップ企業が次々と決算報告と来期見通しを発表している筈です。

自分の会社に関連する企業や興味のある企業のプレス記事を写経してみてください。

何かが見えます。

特に、中小企業ではマーケットリサーチにお金をかけることができません。

新聞記事の行間にヒントがたくさんあります。

大企業が大金をかけて行ったマーケットリサーチの結果を無料で使うことができます。

「写経」しましょう。

| | コメント (2)

2009年5月14日 (木)

データ分析

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「コマツの記事で気づいた点」

問題形式でまとめました。

Q1.コマツのピークはいつだったでしょう?

A1.2008年上期

関連問題

ピークのコマツを分析するために、入手できる資料は?

 →  2008年の第1四半期

コマツ ニュースリリース又は東京証券取引所のホームページから入手できます(無料です)。

決算短信「0903q1.pdf」をダウンロード も入手できます。

他の興味のある上場会社を調べてください。

Q2.コマツにとってのマーケット予想は?

A2.中国は、7、8月から回復

 資源国、その後回復

 日本は、10月頃から

 アメリカは、2010年1月から

Q3.コマツの適正在庫は?

A3.適正在庫 10,000台

Q4.コマツの建設機械のリードタイムは?

A4.推測ですが…

 リードタイム 3.1ヵ月

 適正在庫が10,000台

 1か月あたり3,200台

 10,000÷3,200=3.1月では?

企業のプレス記事をゆっくりみていると、いろんな事が見えてきます

分析すると面白いです。

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

情報のデータ化

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「情報のデータ化」

新聞記事を入力すると、コマツのプレス内容を自分で加工することができます。

情報のデータ化ですね。

今のコンピューター社会。パソコンを利用すれば、同じものが違う角度から見えてきます。

当然ですが、この作業は実際は新聞を読みながら皆さんが頭の中でやっていますね。

情報をデータ化するメリットは、2点あると思います。

1つは、「見える化」です。

特にこの作業は、自分が考えたことを他人に伝達するのに有効です。

伝わりやすい方法と伝わりにくい方法が2つあります。

ただし、伝わりやすい方は、手が掛かります。

さて、皆さんは、どちらを選択するでしょうか?

視覚で伝えるのと、口頭で伝えるのとでは、伝わり方は相当違います。

会社の方針を従業員に伝える時、製品の機能をお客様に伝える時。

その時こそ伝え方が、大事です。

2つは、「記憶化」です。

新聞を読んでる間は、相当良い事思いついている筈です。

しかもかなりたくさんのことを。

「どうですか?」

「でも、忘れてしまいませんか?」

書くと忘れないですね。

書きながら考えていると、そこで自分が考えたこともメモできます。ですから、しっかり記憶化されます。

石川県の場合、コマツの動向次第で会社の命運が左右される企業が多いです。

関連の方は、コマツの新聞記事を写経されることをお勧めします。

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

書くことの利点

皆様お元気ですか!坂上会計事務所です。

「書くのは、面倒くさい」

書いて覚えるのが嫌いな子はそう言いますね。

昨日のコマツの新聞記事を私は自分で打ち込みました

そのことで、おそらく新聞を読んだだけの方より頭の中の定着率は高まると思います。また、その内容を見やすく加工することも可能です。

(以下、加工した内容です)

建設機械の生産見通し(2010年3月期)

【見通し】

下期予想 前年上期までの六割の水準

       (ピークは、2008年上期)

【在庫調整】 

今年上期でほぼ終了

シェアトップの中国 大型の公共投資が開始(7、8月頃から)

           粟津工場(石川県小松市)の生産量も回復基調

【生産状況】

2008年後半から生産調整に入る

前期の第4四半期は、ピークの2割に減産

今期の第1四半期 ピーク時の30%(建機生産額)

     第2四半期 35-50%

     第3四半期 60%

【在庫数量】

2008年末       18,000台(約5.6ヶ月分)

2008年第4四半期          4.7ヶ月分

2009年第1四半期  10,000台(適正水準)

【建機需要】

2009年1-3月期 前期比で約4割減少

2009年7、8月 「間違いなく需要は上がっていく。悲観することはない」

 (理由) 中国では7、8月から各省をつなぐ高速道路や高速鉄道、水路などの大型工事を本格化するとしと強調した。

【需要回復のシナリオ】

中国が公共投資などで多くの資源を使用

鉄、銅、石炭などの国際価格が上昇。

オーストラリアやインドネシア、ロシア、アフリカなど資源国が再び潤う

建機需要に跳ね返るとの見通しを示した。

米国は、オバマ政権の公共投資が本格化するのは来期1月

日本は、補正予算で10月ごろから回復が見込まれる。しかし、建機需要全体にはさほど影響がないとした。

【その他】

1.中国市場での過当競争懸念について

需要確保に自信あり

(理由)「トップシェアの我々が一番高い価格で販売し、一番高いサービスを提供している。多くの工事を抱えているユーザーはついてきている」

2.新戦略

「今年はハイブリッドで勝負したい」

燃費が年間100-130万円節約できるハイブリッド油圧ショベル販売強化

中国市場 年間500台を目標

日本市場 販売も強化

北米市場 テスト販売 2009年10月から

| | コメント (0)