2010年12月 3日 (金)

インターネット恐るべし

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「素人の情報は、プロ並み」

最近のお客さんの中には、プロ並みの情報を持っている人もいますね。

多くの業界では、昔は、業界の事は業界の人しか知りませんでした。

だから、ある程度の利ザヤが稼げました。

ところが、今では、色んな情報が瞬時に飛び交い、仕入価格まで分かる時代です。

インターネット恐るべし。

税理士業界でも、同じ様な現象があります。

これまで、何日もかけて、何冊もの本を調べて、やっと解決していた問題事項が、瞬時に解決できるようになっております。

税金に関する質疑応答事例集(国税庁)

お客様からお受けする質問の半分くらいは、解決出来るような気がします。

皆さんも一度ご確認ください。

これは国税局が運営しています。

税理士を震撼させる様な気もします。

「税理士なんてもう要らないじゃん」って言われるような予感もあります。

多くの人にとって、「読んでも分からない。」だから「教えて」。

こうなら、税理士の価値は下がりません。

でも、この質疑応答事例集は、非常に分かりやすいです

税理士としては、もっと、奥を深めて、生き残るか?

税法以外のところで頑張って生き残るか?

選択肢は、色々あると思います。

ですが、日々精進しなければいけないことだけは間違いありませんね。

皆さんも其々各業界で、苦労していると思います。

素人のお客様に負けないように精進しましょう。

| | コメント (3)

2009年7月24日 (金)

7%は、お得ですか?

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「7%安くなります」 

お買い得ですか?それほど安くないですか?

金額にもよると思いますが、100円の7%引きならそれほど安いと感じないかもしれませんが、200万円とか300万円の7%引きだったらお買い得ではないでしょうか?

「太陽光発電」

最近増えてますね。

毎日使う電力をソーラーパネルで賄おうとすると、200万円から300万円はします。

法人税には、税額控除という制度があります。

実は、国税庁はエコ投資を応援しています。

簡単に言います。

対象となるモノを購入します。その買ったお金の7%分の金額だけ税金を安くしますよ。という制度です。結果的には、7%引きです。

税金を安くするということは、黒字の法人に限られますが、赤字でも1年間繰越できますので、来年黒字なら来年の税金から控除されます。

地球環境を守るためにも、将来の原油が高騰すると予想している人にも朗報かと思います。

これからは、電気自動車も普及するかもしれません。

先行投資として御一考下さい。

このような投資減税は、他にもありますので、顧問税理士にお尋ねください。

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

相続時精算課税

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「相続時精算課税」

読み方は、「そうぞく、じ、せいさん、かぜい」です。

何の税金?

月曜日、ご紹介した記事にもあったかと思います。

これは、贈与税の一種です。

数年前に新聞でも相当取り上げられたものです。

人が亡くなると遺産相続という問題があります。

遺言などに分割の内容を記録していれば、遺産相続で問題ありませんが、多くの場合、遺言はありません。

私自身も父は遺言を残してくれなかったので、残されたもので相談しました。

生前に多くの財産を先に分けたい、こういう人たちのために便利になるように作られた制度が相続時精算課税です。

普通は、110万円を超えると贈与税がかかりますが、これでは思い切った財産分与はできません。

例えば、同居している長男夫婦に財産をあげたいと思っても、贈与税がたくさんかかります。

国も思い切りました。

条件はありますが、国は優遇措置を講じてくれました。贈与時に申告書を提出する、相続時にもその贈与の分も考慮して申告すること。

内容を簡単に言います。

2,500万円までのもらったお金は、贈与税を延期します。住宅資金の場合は、さらに1,000万円上乗せして、3,500万円まで延期します。

父母から別にもらった場合は、その2倍になります。

お父様、お母様を大事にしましょう。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

贈与税

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「お金を100万円もらいました。税金は、かかるのですか?」

答えは、かかりません。

ただし条件があります。

他にもらったお金がある場合、もらったお金を合計して110万円を超えたら、超えた部分には税金がかかります。

これを贈与税といいます。お金をもらった人に税金がかかるので個人的には、贈受税と呼んだ方がいいと思っていますが…

今年の税制改正では、新しい優遇制度ができました。

住宅資金としてもらった場合に限り、610万円まで税金をはらわなくていいことになりました。

住宅の建設は、景気浮揚に役立つといわれております。政府は、貯め込んだお金を使いやすくするために税制上も便利にしたのですね。

国税庁のタックスアンサー

通常の110万円と別枠500万円となります。

別枠500万円は、もらう人の条件として20歳以上で住宅取得資金に使うこと。

あげる人の条件として、父母や祖父母であることが条件です。

財務省「経済危機対策

お金と税制は有効に利用しましょう。

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

税務署は鬼か

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「税務署は、鬼ですか?」

売上を抜いている。

誰だって怒ります。

誰かが、脱税すると税収が減り、真面目な他の納税者が馬鹿をみる。

そんな国には、いたくないですね。

たくさん儲けている人は、みんなより多く税金を払ってもいいじゃん。

これが、日本の法人税、所得税に関する基本的な考え方ですね。

累進課税というやつです。所得が増えるほど税金が増える方法です。

うっかりミスして、売上が抜けた。

時と場合、金額にもよりますが、税務職員は、今後の適正申告を期待して指導にとどめてくれる場合もあります。

夫婦二人で一生懸命頑張っている人を意図的にいじめる、そんなことはありません。

税務職員も仕事が終われば、一人の人間です。

先日の調査では、経理を担当する奥さまは、とても、正直で、税務署の質問にも直ぐ回答してくれました。その方の人柄にもよると思いますが…

税務調査というのは重苦しい雰囲気の中で行われるのは普通です。今回は、比較的和やかな感じでした。

さすがに、追徴税額ゼロとはいきませんが、無難な決着をみました。

お客様の中には、税務職員に敵意むき出しで調査に挑む方もいます。

喧嘩を売られれば、誰だって頭にきます。そんなもんです。

人間と人間。対応は大事にした方がいいと思います。

| | コメント (4)

2009年5月28日 (木)

税務署はどうする?

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「税務署は、鬼ですか?」

今年、トヨタ自動車は、赤字です。どうなるでしょう?

法人税収が激減します。

麻生政権は、景気浮揚のために大盤振る舞いをしています。

1997年ころ山一證券の破たんの時、小渕政権も大盤振る舞いをしました。

あの時の借金は、未だ返済していません。

なのに再び、大盤振る舞いです。

税務調査が増えて当たり前、厳しくなって当たり前のような気がします。

皆様、お気をつけ下さい。

| | コメント (2)

2009年5月26日 (火)

税務調査の調査項目

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「税務署は何を調べますか?」

税務調査を受けることになると必ずお客様に聞かれます。

答えは、正直、難しいです。

ここでポイントを整理しました。

税務調査の基本は、2つ。

1つ、売上金額の計上が適正であることの確認。

2つ、経費の計上が適正であることの確認。

この2つにつきます。

裏を返すと、

売上金額の計上が漏れていないか?

経費として不適切なものが計上されていないか?

この2点の確認をします。

ですから

「売上を隠すにはどうしたらいいだろう」

「経費を無理に増やすにはどうしたらいいだろう」

こういう行動が行われている。

とりあえず疑いながら書類を確認していくと思って下さい。

この2点を調査官はいろいろな角度から攻めてきます。

領収書綴りを2種類作って売上金額を隠していないか?

売上計上を、遅らせていないか?

親戚の名前を借りて架空給料を払っていないか?

次年度の経費を先上げで計上していないか?

観光旅行なのに研修旅行としていないか?

交際費といいながら、友達と遊んでいないか?

…等など。

こういうことを指摘するために、会社の内外の証拠資料を調べて攻めてきます。

調査の前には、いろいろな下調べをします。取引先で、ある程度証拠を収集してから来ることもあります。

調査官によって調べ方も様々ですし、調べる観点も違います。

会計処理を巡って見解が相違する場合もありますし、事実の捉え方(事実認定)が相違する場合もあります。

会計事務所としては、何を調べるかはある程度は、予想できますが、毎回毎回違っております。

おそらく税務署はあえてマニュアルを作っていないと思います。

毎回毎回、同じような調査していると思わぬ抜け道があるかもしれないからでしょうね。

「何を調べるかわからない。」

この状況を作っている税務署は、なかなかの曲者ですね。

 「何を調べられても大丈夫!」

当事務所のすべてのお客様にこう言って頂けるのが、私の仕事です。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

税務調査が増えた

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「税務調査が増えた」

最近、税理士業界でよく話題になります。

当事務所でも、4月は、お得意様の税務調査の立会が数件ありました。

国税当局は、各税務署に対して調査を増やすように強く指導している模様です。

皆様方もそうだと思いますが、税理士としますと税務調査はいやなものです。

うっかりの失敗があっても追徴税額になりますし、時間もとられます。しかも、我々、会計事務所としましても立会料をご請求させて頂くことになります。

お得意様にしますと税務署にも会計事務所にも支払が増える。

本当に嫌なものです。

税務調査に、いいことは、ない。これが、普通の考え方です。

しかし、税務調査を前向きにとらえる方もいます。

以前、ご紹介しました斎藤一人さんは、税務調査を好意的に捉えています。

3年か4年に一度、国家が自分の会社をチェックしに来てくれる。

国家公務員が数名で数日間かけて、きっちり調査してくれる。

自分では気づかないようなミスを発見してくれることもあるし、従業員の意識も高まる。

しかも無料で来てくれる。こんな、ありがたいことはない。

考え方を変えると新しい発見ができるかもしれませんね。

| | コメント (2)

2008年8月 7日 (木)

税務調査

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「税務調査をお願い致します」

とっても、嫌な響きです。

実は、8月から12月は、税務調査のシーズンです。

税務署の人事異動の時期は7月です。

どの組織でもそうでしょうが、異動後は、皆、頑張ります。自分の評価を高めたいです。当然です。

税務署の職員も同じです。税務調査で頑張ります。

会計事務所は、お客様とともに税務調査を受ける立場にありますので、税務調査は嫌です。

とはいえ、税務調査にはあるパターンがあります。我々には何となくの経験則があります。

お客様の確定申告書を提出する時点で、そろそろかなと思う場合があるのです。そのパターンをご紹介します。

1.黒字が続いている場合。

2.赤字から黒字へ転換した場合。

3.開業後3~5年経過して黒字になった場合。

4.代表者が替わった場合。

経験則ですが、税務調査は、黒字の場合が多いです。

どうしてでしょう?

仮に、何か小さなミスを発見しただけでも修正申告になります。利益の追加計上となります。即、税収アップです。

どうせ時間をかけて調査するなら税収が増える確率が高いところをターゲットにする、これは必然といえます。

開業間もない頃や代表者変更の場合は、経営者の方の人間性を見に来ます。どういうタイプの経営者かを確認しに来るのです。

経理体制の程度や納税意識も見に来ているような気がします。気になれば3年後に、再び、税務調査にやってきます。

その他のパターンとして、

5.会計事務所が変更になった場合。

6.従業員が退職した場合。

にも税務調査の対象となる場合があります。

会計事務所を変更する理由は、何でしょう?

理由は、いろいろあります。

その中の一つとして、納税に関する姿勢があります。納税について、お客様と会計事務所の意見が合わない場合が考えられます。こういう場合、無理な決算書を作成している可能性があるのでは?推測されます。そして税務調査となるのです。

このパターンは、会計事務所の経営上、メリットとデメリットが考えられます。

メリットは、既存のお客様とは、永いお付き合いをして頂ける。デメリットは、関与先の拡大には税務調査のハードルがあるです。

これは、絶対ではありませんが、経験則として会計事務所を変更をすると税務調査が多いような気がします。

その他、従業員が退職した後に税務調査という場合があります。円満退社ならいいですが、逆恨みする人がいます。

最近は、モンスターペアレンツということが言われますが、モンスター従業員という時代が到来しないことを祈ります。

昔の話になりますが、税務署は、密告があった場合には、必ず対処しなければならなかったそうです。おそらく今もその名残があると思います。

最近は、内部告発で企業の不正が明らかになる場合がありますので、それにも似ていますね。

当たり前ですが、従業員の方を大事にしないと企業は存続できません。

税務調査を少なくするためにも従業員を大切にしましょう。

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

住基カ-ド

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「住基カ-ド」

電子申告税額控除で必要となるものです。

注意して頂きたいのは、単なる住基カ-ドでは電子申告用には使えません。電子認証というモノが必要です。

お金の方は、住基カ-ド(500円)、電子認証(500円) 合計1,000円です。

時間の方は、白山市役所の場合、1時間弱。

その他、身分証明書と認印が必要となります。

お出かけの際は、役所に電話で確認されてからの訪問をお勧めします。

ついでに、待ち時間の確認もしておくといいと思います。

□ お金 1,000円 (電子認証の念押し)

□ 身分証明書

□ 認印

□ 電話確認(上記3つの他に必要ないか、所要時間など)

| | コメント (0)