« モノの価格について「コスト志向」 | トップページ | 会社の5年後 »

2011年9月 9日 (金)

モノの価格について「マーケット志向」

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

モノの価格はどう決まるのでしょう?

「コスト志向」「マーケット志向」

需要と供給

買い手売り手力関係です。

もしも、人々が飢えていてモノが不足している時、人はどう思いますか?多く、お金を払ってでもモノが欲しいと思います。

その商品の原価が、いくらかかったかなんて気にしません。

出せるお金を払います。

こういう場合は、買い手が弱く。売り手が強い場合です。

反対に、モノがあふれている時代。買い手は、値段にシビアです。

さらに、パンを食べたいと思っている人に、お米を売りに行っても、値段がどんなに安く、原価割れしていても買いません。

買い手が強く、売り手が弱い場合です。

モノの価格はどう決まるのか?

そうです、買い手と売り手の力関係によって、値段が決まります。

これが「マーケット志向」です。

もちろん、パンもご飯も食べる人なら、パンを買いに行って、お米が安ければお米もついでに買うかもしれません。パンしか食べない人は、お米買わないですね。

今、モノがあふれる時代です。

ほとんどの商品は、競争にさらされています。

買い手が強く、売り手が弱い時代です。

「マーケット志向」の影響が強いんです。

種なし巨峰も昔は、珍しかったですが、今では、スーパーで、すぐ手に入りますね。ルビーロマン、近くのスーパーで注文しましたが、ある日の夜発注して翌々日の12時にお店に到着したそうです。

「マーケット志向」の中で、いかにして勝ち残るか、ほとんどの中小企業の宿命だと思います。

売り手の弱い時代。

どうやって弱みを補強し、強みを増やしていくか?

経営者の創意工夫が試されているのです。

|

« モノの価格について「コスト志向」 | トップページ | 会社の5年後 »

コメント

この価格の問題は大変に難しい問題です。
ただ、当たり前の話をするならば
拒否権を持っている購入決断者が、
購入するのか否かです。
ルビーロマンの場合、市場にあまり出回っていません。
よって、欲する方が多ければ価格は成立します。

アメリカの化粧品会社がポリエチレンが開発されたとき、こぞって設備投資を行なったそうです。
多くの会社で設備投資を行なった結果、
市場の需要の何倍もの設備が過剰になりました。
価格は一気に下落したそうです。

目新しさのある間は、需要があるでしょう。
美味しさが更なる需要を呼べば、高値安定です。
趣向が合わなくて、需要が無くなれば、おのずと価格は落ち着くと思います。
受け売りですが・・・・すみません。

投稿: 赤い家紋 | 2011年9月12日 (月) 16時41分

コメントありがとうございます。

赤い家紋さま

ルビーロマン確かにその危険性を孕んでますね。

需要と供給、マーケットのバランスですね。

石川県民としては、そのブランド維持を祈るばかりです。

投稿: 坂上裕宣 | 2011年9月14日 (水) 14時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« モノの価格について「コスト志向」 | トップページ | 会社の5年後 »