« 2011年8月 | トップページ

2011年9月 9日 (金)

モノの価格について「マーケット志向」

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

モノの価格はどう決まるのでしょう?

「コスト志向」「マーケット志向」

需要と供給

買い手売り手力関係です。

もしも、人々が飢えていてモノが不足している時、人はどう思いますか?多く、お金を払ってでもモノが欲しいと思います。

その商品の原価が、いくらかかったかなんて気にしません。

出せるお金を払います。

こういう場合は、買い手が弱く。売り手が強い場合です。

反対に、モノがあふれている時代。買い手は、値段にシビアです。

さらに、パンを食べたいと思っている人に、お米を売りに行っても、値段がどんなに安く、原価割れしていても買いません。

買い手が強く、売り手が弱い場合です。

モノの価格はどう決まるのか?

そうです、買い手と売り手の力関係によって、値段が決まります。

これが「マーケット志向」です。

もちろん、パンもご飯も食べる人なら、パンを買いに行って、お米が安ければお米もついでに買うかもしれません。パンしか食べない人は、お米買わないですね。

今、モノがあふれる時代です。

ほとんどの商品は、競争にさらされています。

買い手が強く、売り手が弱い時代です。

「マーケット志向」の影響が強いんです。

種なし巨峰も昔は、珍しかったですが、今では、スーパーで、すぐ手に入りますね。ルビーロマン、近くのスーパーで注文しましたが、ある日の夜発注して翌々日の12時にお店に到着したそうです。

「マーケット志向」の中で、いかにして勝ち残るか、ほとんどの中小企業の宿命だと思います。

売り手の弱い時代。

どうやって弱みを補強し、強みを増やしていくか?

経営者の創意工夫が試されているのです。

| | コメント (2)

2011年9月 7日 (水)

モノの価格について「コスト志向」

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「値決め」

モノの値段は、どう決まるのでしょう?

「コスト志向」「マーケット志向」

モノの価格は、この2つの考えから分析できます。

モノが消費者の手に届く過程を想像して下さい。

材料が工場に到着します。原料費ですね。

これが加工されます。

機械や工具を使って工場(建物)の中で製造されるのです。

この時、人件費や電気ガスなどの諸経費がかかります。

機械や工場を使っているので、その使用料も考慮しないといけませんね。

これも経費です。

販売する為の、販促費や広告費、配達の為の運賃もかかります。

販売費です。

社長さんの給料や経理や総務といった管理部門のお金もかかっています。

原価+人件費+経費+販売費+管理費

これに適正利益を上乗せして、価格が決まります。

モノの価格=コスト+適正利益

この積み上げ式を「コスト志向」と呼びます。

ルビーロマンの場合、開発までに沢山のお金がかかってます。開発者の過去の人件費もあります。

これが開発費です。

特許使用料などの営業権の支払いもありますね。のれん代です。

ルビーロマンというブランド(イメージ)を確立する為のブランド維持費もありますね。

ルビーロマンの価格は、「コスト志向」の強い商品といえます。

| | コメント (0)

2011年9月 1日 (木)

ルビーロマン

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

Photo_2

「ルビーロマン」

言わずと知れた石川県が生んだ超高級ブドウです。

昨日のお値段は、28粒8,500円でした。

一粒300円以上。

我が地元でとっても人気のアイスキャンディーの3倍もします。

今頃でお恥ずかしいのですが、会計事務所としてモノ価格とサービスや人の喜びの関係をじっくり研究しようと思っております。

先ずは、種なし巨峰(一粒20円)と味比べ値段比べです。

昨日は、事務所全員で食べてみました。

両方とも美味しかったです。

Photo_3

喜びを満たしてくれるのなら、人は自分の許容範囲で案外お金を惜しみません。

中小企業が生き残るヒントを見つけたいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ