« 御礼 | トップページ | 国家観・歴史観 »

2008年12月10日 (水)

マンガ

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所の坂上裕宣です。

「マンガ、ばっかり読んでいないで勉強しろ!」

一度は、親から言われたことがある人も多いでしょう。

政府官邸でも同じ様な会話が飛び交っているらしいですね。マンガが悪いとは思いませんが、シッカリと勉強もしないといけませんね。

最近は、マンガで読む○○というのも多いです。

内容は、中身をあたっていないと分かりませんが、書いた人や監修者がシッカリしているとマンガとはいえ立派なものもあるような気がしております。

Photo

私の出た高校では、社会が日本史と世界史と地理の3つから2つ選択でした。

高校時代は、世界で活躍する人を目指して、迷わず世界史と地理を選択しました。

そのため日本史は中学レベルです。

義務教育まではシッカリと勉強したつもりなので平安時代と室町時代がどっちが先かくらいはわかります。

しかし、歴史の裏にある人間模様というのは、全然分かりません。

現在、大河ドラマで勉強中です。来週でいよいよ「篤姫」も最終回ですね。楽しみです。

歴史物は、どうしても、編集者の意図で左右されるので、同じ出来事について立場の異なる人々の考え方に触れるべきであると思いますが、普通は1冊で精一杯の方が多いと思います。

ところで、小学校4年生の長男は、「マンガで読む○○」ばっかり読んでいます。若干、心配なところもありますが、ご紹介の、「まんがで学習 日本の歴史」成美堂出版 ISBN978-4-415-01564-4 監修 小和田哲男 静岡大学教育学部教授では、多くのことを学んでおります。

全5巻で縄文時代から2000年まで走馬燈の様にわかります。

個人的には、中立的な立場であると思っていますが、他のモノにあたった訳ではありません。

本屋へ行って児童用のマンガシリーズを見て下さい(コミックの所とは違いますよ)。意外とレベルが高いのではと思います。

私のレベルが低いだけかもしれませんが…

一度、お試しあれ

|

« 御礼 | トップページ | 国家観・歴史観 »

コメント

私の子ども時代にもございました。
王 貞治選手が756号ホームランを放ち
憧れたものです。
その時、へそ曲がりな私は
755号のハンクアーロンではなく
714号を放ったベーブルースの
歴史マンガ本を手にして
興奮していたのを覚えています。

投稿: 赤い家紋 | 2008年12月10日 (水) 09時21分

コメントありがとうございます。

赤い家紋さま
へそ曲がりは、なかなか治らないモノなのですね。赤い家紋さまを見ているとよく分かります。いいお医者さん見つけたら紹介します(笑)

興奮を伝える。素敵なことですね。マンガは、文章より遥かに伝達能力が高いですね。テレビもそうですが、使い方には注意したいです。

他人に伝えるには文章より即効性がありますね。

お互い上手に使いましょう。

投稿: 坂上裕宣 | 2008年12月11日 (木) 09時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 御礼 | トップページ | 国家観・歴史観 »