« 労働分配率 | トップページ | 研究開発と設備投資~労働分配率~ »

2008年10月16日 (木)

よく働き、よく稼ぐ~労働分配率~

皆様、お元気ですか!坂上会計事務所です。

「よく働き、よく稼いでくれる従業員に、相応のお給料を払っている。」

黒字企業の特徴です。

 どうしたら、従業員が、よく働き、よく稼いでくれるでしょうか?

叫んで下さい。「よく働いて下さい。よく稼いで下さい。そしたら、相応のお給料をあげますよ。」

こう言っても、そう簡単に従業員は、働いてくれません。ましてや、稼ぐのは難しいです。自分で稼げるくらいなら独立します。

昔、「人の3倍働け、そしたら他の倍払う」といって佐川急便さんが急成長したそうですが、普通の会社で通用するとは思えません。

 どうしたら、従業員が、よく働き、よく稼いでくれるでしょうか?

 これは、会社の方針や仕組にかかってきます。

ここが経営者の腕の見せ所です。

経営者が、自分で考えて、従業員と会社の仕組を独自に作ってはじめて、黒字企業ができるのです。

1ヵ月や2ヵ月で、会社が黒字化する事はありません。だからこそ、皆さんが経営者として活躍出来る場があるのです。誰でも出来たら経営者の意味がありません。苦労があるから経営者の醍醐味があります。

 とはいえ、どうしたら会社が良くなるのでしょうか?

一概には言えませんが、例えば、こう言うのは如何でしょうか。

「今と同じ人数で如何にして、たくさんの仕事をこなしていくか?」これは、大事だと思います。

そのために、色々な工夫を従業員全員で考え、実行するのです。ミーティングを多く開いて(意味のない会議は無駄です)、数多く実践していくのです。そして、これを諦めずに継続していくのです。これが、ポイントだと思います。

 環境作りこそ経営者の仕事です。

経営者が諦めたら負けです。

労働分配率に関する統計は、あくまで数字にすぎず結果です。一般的な傾向にすぎませんが、不思議にも黒字企業の特徴であることも事実です。

一人あたり人件費が高い=従業員のしあわせ

労働分配率が低い黒字企業=社長のしあわせ

が両立しています。

 ここからは、宿題です。

ご自分の会社の労働分配率と一人あたり人件費を計算して下さい。そして、業界の労働分配率と一人あたり人件費と比べて下さい。

|

« 労働分配率 | トップページ | 研究開発と設備投資~労働分配率~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。