« 決算書の見方2006 その1 総括 | トップページ | 決算書の見方2006 その3 7つのポイント »

2006年12月31日 (日)

決算書の見方2006 その2 4つの視点

皆様、お元気ですか!坂上会計の坂上裕宣です。

決算書の見方の中間総括です。
これまでのことについて
4つの観点でまとめました。
巷では、いろいろな経営分析がなされていますが、
私は、これだけでいいと思ってます。

1.投資と回収(突っこんだお金と回収したお金)
総資産利益率(今年の回収率)
自己資本比率(累積の回収率)

2.損益計算書(短期の投資と回収)
利益、減価償却、役員給与の合計額(金融機関が見るところ)

3.貸借対照表(長期の投資と回収)
流動比率(もう少しで入ってくるお金ともう少しで出ていくお金)
固定比率(設備投資のムリムリ割合)

4.キャッシュフロ-表(資金の動き)

営業キャッシュフロ-(本業で貯まったお金)
年間返済金額(元本返済金額)

|

« 決算書の見方2006 その1 総括 | トップページ | 決算書の見方2006 その3 7つのポイント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。