« 決算書の見方2006 その2 4つの視点 | トップページ | 決算書の見方2006 その4 現状把握 »

2006年12月31日 (日)

決算書の見方2006 その3 7つのポイント

皆様、お元気ですか!坂上会計の坂上裕宣です。

先日のポイントを
項目だけでまとめると
ポイントは、7つです。
計算式は、下に書いておきます。

①総資産利益率(今年の回収率)
②自己資本比率(累積の回収率)
③利益、減価償却、役員給与の合計額(金融機関が見るところ)
④流動比率(もう少しで入ってくるお金ともう少しで出ていくお金)
⑤固定比率(設備投資のムリムリ割合)
⑥営業キャッシュフロ-(本業で貯まったお金)
⑦年間返済金額(元本返済金額)

皆さんにお願いです。
1.自社の数字を知っていて下さい。
2.その意味と経営実態を肌で感じて下さい。
3.これらを来年は、どうするのか?数値目標を具体的にたてて下さい。


現状の数字は、悪くてもいいです。
大事なのは
今より来年少しでも良くなればいいのです。

過去は変わりませんが、未来は変えられます。
明日は社長さん次第です。

①総資産利益率
 当期利益÷総資産
②自己資本比率
 自己資本÷総資産
③利益、減価償却、役員給与の合計額
④流動比率
 流動資産÷流動負債
⑤固定比率
 固定資産÷自己資本
⑥営業キャッシュフロ-
 キャッシュフロ-表の営業活動の一番最後のところ
⑦年間返済金額
 キャッシュフロ-表の財務活動のところから拾って下さい。

|

« 決算書の見方2006 その2 4つの視点 | トップページ | 決算書の見方2006 その4 現状把握 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。