« 似顔絵 | トップページ | 決算書の見方2006 その2 4つの視点 »

2006年12月31日 (日)

決算書の見方2006 その1 総括

皆様、お元気ですか!坂上会計の坂上裕宣です。

これまで、決算書の見方を皆様にお伝えしてきました。

会計は、経営者にとって重要か否か?

京セラの稲森和夫さんは、
「会計が分からんで、経営が出来るか」と言い切っています。

私は、中小企業の経営者の方に
最低限、知って頂きたい知識として
このブログを通じて決算書をお伝えしてきました。

基本的には、
1.バランスシ-ト
2.損益計算書
3.キャッシュフロ-表

の3種類についてお伝えしました。

これまでお伝えした事を理解して
使いこなして頂ければ、
その他のことは、応用で何とかなると思います。

次回以降で、これまでの中間総括を致します。

上場を目指している方ならもう少し勉強が必要かもしれませんが、
上場を目指す場合は、他にも、大事なことがありますので、
そちらを優先して下さい。

|

« 似顔絵 | トップページ | 決算書の見方2006 その2 4つの視点 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。