« 損益計算書 【売上アップ】 | トップページ | 損益計算書 【中間まとめ】 »

2006年10月27日 (金)

損益計算書 【コスト・ダウン】

皆様、お元気ですか!坂上会計の坂上裕宣です。

アラリを増やすためには、

1.たくさん売るか、
2.高く売るか、
3.安く仕入れるか、
4.安く作るかが
           ポイントです。

第一に、アラリが経費を超すために、
先ず、今の体制を変えずに、コスト・ダウンしないで、
売上を伸ばす方法があるのか考えて下さい。

もう限界まで頑張っているのであれば、
経費を削るしかありません。
これが第2です。

経費を減らすには、
どうしたらいいでしょうか?
答えは、1つです。

経費を把握することです。
実体が分らないのに対策なんて出来ません。
先ず知ることです。

全体として何が悪いのか、
これは決算書で分ります。

その次に、
具体的に改善して下さい。
その際、是非やっていただきたいことがあります。
経費の元をたどる事です。

元をたどれば、
無駄遣いの原因がはっきり掴めます。
対策も、すぐ打てます。

例えば、交際費が多いのなら、
1年間の領収書とその明細を
皆さんが確かめるのです。
必ず、ご自分の手で確かめるのです。

何月何日に何処でいくら遣ったのか?
それを遣ったのは、誰か?
領収書一枚一枚を点検するのです。

人件費が多いのであれば、
給与台帳やタイムカ-ドを
皆さんが確かめるのです。
必ず、ご自分の手で確かめるのです。

仕入も同じです。
仕入先からの支払明細をじっくり眺めていると
その時々の会社の動きが見えるはずです。

同じようにして、
各経費項目を領収明細書で、
手にとって確認して下さい。

領収書を真剣に点検して、
その時の行動を検討して下さい。
そして、次に繋げて下さい。

それが、コストダウンの方法です。  

|

« 損益計算書 【売上アップ】 | トップページ | 損益計算書 【中間まとめ】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。