« 損益計算書【利益】 | トップページ | 損益計算書 【当期利益】 »

2006年10月27日 (金)

損益計算書 【活動別対応】

皆様、お元気ですか!坂上会計の坂上裕宣です。

損益計算書の発しているメッセ-ジは、利益に関する情報でした。

今日は、一寸難しくなりますが、我慢してお付き合い下さい。

利益とは、一体なんでしょう?見たことがありますか?

実は、私も見たことがありません。同業他社からの批判を恐れずいえば、計算結果に過ぎません。

ここからは、難しいですが、その計算は、収益と費用の差額でおこないます。

ですから、
もう少し難しく言いますと、
損益計算書とは、収益と費用を集めてきて純利益を計算します。赤字の時は純損失を計算するシ-トです。利益か損失を計算するので、損益計算書と言います。

ですから、利益計算の前に、収益と費用を見つけなければなりません。

それでは、
会社の収益には、どんなものがあるでしょうか?

収益の代表例といえば
売上ですね。

その他のものとして、
受取利息、雑収入、固定資産売却益、有価証券売却益 です。

ここで、問題です。売上と株を売った利益は同じでしょうか?

売上は、本業の活動で生み出される収益です。株式売却益は、副業ですよね。
土地が売れた場合の固定資産売却益も、本業とは違うところで生み出される収益です。

これらを活動別で区分すると以下のようになります。
 →
営業活動(売上)
営業外活動(受取利息、雑収入)
投資活動(固定資産売却益、有価証券売却益)

同じように考えて下さい。
会社の費用には、どんなものがあるでしょうか?

代表的なものとして
仕入、製造原価、人件費
があります。

その他のものとして
役員報酬、販売活動費、管理活動費、地代家賃、減価償却、
利息支払、固定資産売却損、有価証券売却損 です。

これらを活動別で区分すると以下のようになります。
 →
営業活動(仕入、製造原価、人件費、役員報酬、販売活動、管理活動、地代家賃、減価償却)
財務活動(利息支払)
投資活動の反対(固定資産売却損、有価証券売却損)

利益計算の前に、収益と費用がある。

収益と費用もいろいろな性格があるので、

活動区分ごとに対比して利益情報を提供しましょう。そうすることが出来れば、
いろいろなことが解ります。

いろいろな種類の利益情報が
会社の業績判断のためにより有用な情報となってきます。

【活動別対応】難しいですが、これを覚えて下さい。

|

« 損益計算書【利益】 | トップページ | 損益計算書 【当期利益】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。